カテゴリー別アーカイブ: 金ごま顧問のごま談義

脂(アブラ)過太ぶら~!メタボ腹~

あなたのことを言っているのではありません!

 

自分のおなかをたたいて、太っ腹と感心している次第です。

 

先日、田舎に帰ったときにイノシシの出没が話題になりました。

その流れで、親戚からイノシシのお肉のロースのところを

ブロックでお土産にいただきました。

真夏のぼたん鍋をいただきました。

イノシシのお肉は脂がおいしいですね。

 

おいしい食べ物にはあぶらがのっています。

魚などあぶらがのっている時期を旬といいます。

牛肉は霜降り状態(脂の分布状態)が味の決め手です。

 

夏にたくさんのサバを釣ったことがあります。

持ち帰ったサバは油の抜けたサバでサッパリでした。

煮ても、焼いてもまったくおいしくありませんでした。

まさに猫マタギのサバでした。

魚に目がない猫ですら見向きもしないで、

魚をまたいで通るということです。

そんな時には、マリネ(油を使う料理)にしてあげると

猫もふりかえってくるかもしれません。

 

ドレッシングには、油を使います。

ドレッシングの定義は、サラダ・魚料理などにかけるソースの一種。

日本語でいうと酢油汁(すあぶらじる)といいます。

油分のない生野菜を食べるのには、オリーブオイルなどの

食用植物油脂をかけるとおいしく食べることができます。

ドレッシングは、半固体状ドレッシング(マヨネース)、

乳化液状ドレッシング、分離液状ドレッシングに分類されます。

これらは、すべて食用植物油脂を使うことになっています。

 

※水と油は普通は混ざりませんが、高速でかき混ぜると油が

小さな塊となって水の中に浮遊してきます。これを乳化といいます。

乳化状態を安定させた状態のものが、乳化液状ドレッシングです。

油と水分を含む調味液や固形分が分離された状態のものが、

分離液状ドレッシングです。

お子様と一緒に自家製ドレッシングを作ってみてはいかがですか。

 

最近、低カロリーを追求したノンオイルドレッシングに人気があります。

ノンオイルドレッシングは、正式には、ドレッシングタイプと呼ばれます。

 

食用植物油脂を一切使わないので、低カロリーでヘルシーと

勘違いしますが、油に変わるおいしさをだすためには、

糖分や塩や香辛料や調味料をしっかり使うことが必要です。

 

ノンオイルドレッシングと愛用されている方は、ぜひ原材料を

チェックされたらいかがでしょうか?

 

野菜にはビタミン類が多く含まれています。

ビタミンには水溶性とビタミンAやEなどの

脂溶性のビタミンがあります。

 

ノンオイルドレッシングを使った場合は、

水溶性のビタミンはとれても脂溶性ビタミンは摂取しにくくなります。

野菜サラダに植物系のオイルを使うのは理にかなっています。

 

カロリー計算では、油が一番高く計算されますから、

油をカットすれば、低カロリーと表示できます。

少しオーバーな言い方をすれば、

油の代わりに多く使われている糖質をとりすぎると

過剰に摂取した糖質は脂肪として脂肪組織に蓄積されるので、

糖質の過剰摂取は肥満の原因ともなります。

 

ドレッシングに使われるオイルは、

オリーブ、菜種(キャノーラ)などが一般的です。

体に良いと思って積極的に使って欲しいのは、

ごま油(サラダ油アタイプ)です。

仇ブラ加太ブラ~?

 

オリンピックテレビ観戦の疲れなのでしょうか?

今回のごま談義を書くのにノリが悪くて話がなかなか整いません。

この調子だと今回も話が散漫になり、いつもの長~いごま談義に

なりそうです。

お時間がない方や後の談義におつき愛ができかねると言われる方は、

ここでクイズに応募してからご退室ください。

クイズの応募の入り口⇒応募フォーム開けごま!

 

これから調子を上げるための頭の柔軟体操をします。

 

アブラカダブラ!

 

脂(アブラ)過太ぶら~!

 

メタボ腹~

 

本日は晴天なり!

 

晴天なれど波高し!

 

本日は雨天なり!

 

雨降って地固まる!

 

雨は、雨男の応援歌!

 

本日は晴天なり、!

 

本日は全国的に月曜日!

 

全国の皆様、元気な声でおはようございます!

 

巡り巡って本日は全国的に金ごま曜日!

 

本日は全国的に金ごまの日!

 

おまけでいうと本日は全国的に金ごま本舗の日!

 

金曜日しか開かない金ごま油の直売所を

2016年8月5日(金曜日)ささやかにオープンしました。

 

しかも、毎週金曜日の12:00~15:00の

3時間しかオープンしません。

 

直売所は、

地元の人も知らないミステリーゾーンです。

パワースポットである栃木県の佐野厄よけ大師がある

佐野町にあります。

栃木県佐野市村上町546(株式会社波里)が目印です。

佐野厄よけ大師の門前にある佐野市観光物産会館では、

 

金ごま本舗の佐野厄よけ大師様ご祈願済みの「金運開けごま」

商品品番494714777777を販売中です。

あぶらかたぶら!

 

金曜日は金ごま本舗の金ごま油直売所の営業日です!

覚えておいてください!

今度、テストに出ますよ!

 

も一度言います!

営業時時間は毎週金曜日の12:00~15:00の

3時間だけのオープンです!

あぶらかたぶら! 搾りたて!

ごまのあぶらを搾って、あぶらを売っています!

 

この「金ごま油」や「金運開けごま」を食べると

死ぬまで生きられる保証を得ることができます。

 

死んでも健康になりたいと願っている方は、

健康長寿のために金ごま本舗の商品をぜひご愛用ください。

 

少し調子が上がってきました。

 

自分だけ調子に乗って、

こちらは下がってしまったといわれる方は、

クイズの応募の入り口⇒応募フォーム開けごま!

ご応募だけは済ませてご退室をお願い申しあげます。

 

さて、さて講義の時間です!

皆さま! ご着席ください!

 

アブラカタブラ!

油断大敵、油断禁物

けもんGO!

自分でゲームをしていなくても

ながら運転の車に油断大敵です。

 

顧問は、時々ボケもんGOに油断大敵です。

ボケもん対策にオメガ3のチアシードやエゴマオイルが必要です。

 

さて、さて、本論に入ります。

と言いながら、本題は、なかなか難しくて巾の広いテーマです

自分自身でも解っていたつもりが解っていなかったり、

普通に使っていた言葉が???になったり、

どう違うの? という疑問が出てきて大変です。

難しことをやさしく説くのが難題です。

 

本講座では、顧問も一緒に勉強しますので、よろしくお願いします。

 

先にウイキペディアの教科書を一緒に読んでみましょう!

 

教科書と聞いただけで嫌になる人は、

そのままスルーするか、クイズの応募だけしてご退室ください。

クイズの応募の入り口⇒応募フォーム開けごま!

 

脂肪と油脂?

頭の中がこんがらがってしまいます。油脂(ゆし)とは脂肪酸とグリセリンとのエステルで普通はトリグリセリド(トリ-O-アシルグリセリン)の形態を取るもの。いわゆる「あぶら」。一般に常温で液体のものを「脂肪油」、固体のものを「脂肪」と呼び分ける。

 

脂肪(しぼう、英: fat)とは?

脂(あぶら)ともいい、有機栄養素のうち糖質(炭水化物)、たんぱく質、脂肪は、多くの生物種で栄養素であり、「三大栄養素」とも呼ばれている。常温で液体の油脂は油 (oil) であるが、栄養学における脂肪は固体と液体の両方を含む油脂のことを指す。

脂肪のカロリーは9kcal/gであり、炭水化物、タンパク質の4kcal/gよりも単位重量あたりの熱量が大きく、哺乳類をはじめとして動物の栄養の摂取や貯蔵方法として多く利用されている。食物から摂取したり、体内で炭水化物から合成された脂肪は肝臓や脂肪組織に貯蔵される。脂肪からエネルギーを得るときには、モノグリセリド(かつてはグリセリンとされていた)と脂肪酸に加水分解してから、脂肪酸をβ酸化代謝によりさらにアセチルCoAに分解する。安静時や強度の低い運動時には脂肪の方が糖よりも多く使われている。血糖やグリコーゲンは利用しやすいが貯蔵量は多くはないので安静時などではあまり多くは使われず、強度の高い運動時などに糖が優先的に使われるようになる[1]。エネルギーの貯蔵と生存[編集]成人では基礎代謝量は1日およそ1600キロカロリーであるが、栄養摂取量が減少すると1200キロカロリーに落ち、延命を図ろうとする生理的反応が起こる。栄養が欠乏するとまず筋肉が分解されたんぱく質として利用され、次に脂肪がエネルギーとして利用される。これにより、水分の補給があれば絶食状態で1~2ヶ月程度生存でき、この限界を越えれば餓死に至る。ただし、肥満の人(脂肪の貯蓄の多い人)はこれより長く生存できる。痩せた人(脂肪の貯蓄の少ない人)はこれより短めで死に至ると考えられる。餓死は体内の脂肪を使い切った後に起こるものであり、(水分の補給があれば)肥満状態の人間が餓死することは無い。肥満の場合、まずは脂肪を使い切る期間を経た上で餓死に向かう。脂肪量によっては3~4ヶ月以上かかることもある。水だけで3ヶ月以上生存するというのは信じ難いかも知れないが、同じ哺乳類である熊などは脂肪を蓄えた状態で冬眠して数ヶ月すごすので決して無理な数字ではない。仮に、体重70kg、体脂肪率20%とし、脂肪のカロリーを9kcal/g、低下した基礎代謝を1200kcal/日とすると、70 kg x 0.2(体脂肪率)x 9 kcal/g / 1200 kcal/日 = 105日、となり3ヶ月半ほど生存することができる。ただしあくまで生存が可能であるというだけで、健康な状態を維持することは不可能に近い。

以下は、ご自分でウィキペディアを開いて自習をしてください。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%82%E8%82%AA

 

脂質?

 

脂質とは生体の構成成分の一つである。脂肪や蝋(ろう)、セラミドなどの単純脂質、リン脂質、糖脂質などの複合脂質、そして脂肪酸やステロイド、カルテノイドといった誘導脂質がある。水に溶けにくく、有機溶媒に溶けやすいという特徴がある。また脂質は加水分解すると脂肪酸を生じる。脂質はエネルギー源となったり、細胞膜や血液の成分となったり、ステロイドホルモンを合成したりする働きがある。

 

ご理解できたでしょうか?

脂肪や脂質おまけに脂肪酸などの言葉が出てきます。

こんがらがってきますね。

 

脂肪と脂質の違い?

 

脂肪は動植物に含まれる栄養素の1つ。

脂質は脂肪としての性質で、生物から単離される水に溶けない物質を総称したもの。

 

<まとめ>

脂肪=油脂 油脂=脂質 脂質=脂肪 名前はよく似ています。同じようなものと思っても良いと思いますが、栄養学的には脂質という言葉を使い、生化学の世界では脂肪を使うようです。

 

自分でも大変疲れる講義です。

皆様も解ったようで解らないという方が多いと思います。

いったん今日はここで講義を打ち切らせていただきます。

講義再開の時は、メールでおお知らせします。

いったんクイズの応募を完了してメール連絡をお待ちください。

クイズの応募の入り口⇒応募フォーム開けごま!

 

油断大敵・油断禁物の金ごま顧問説

アブラカタブラの話は
今回で3回目の登場になると思います。
その都度付け加えた内容もありますので、
ぜひ今一度読み直してみてください。

金時主義(時は金なり)で
同じような内容なら読みたくないと思われる方は、
アブラカタブラの話は
今回で3回目の登場になると思います。
その都度付け加えた内容もありますので、
ぜひ今一度読み直してみてください。

金時主義(時は金なり)で
同じような内容なら読みたくないと思われる方は、
クイズの応募の入り口⇒応募フォーム開けごま!
にアクセスしてください。

さて、
アブラカタブラ呪文は現在、
手品を披露する際の掛け声として世界中の手品師に
利用されているようです。
古くは熱病や炎症を癒やすために唱えられてきたそうです。

実際に声を出してその呪文を10回唱えてみてください!

アブラカダブラ!

アブラカダブラ!

アブラカダブラ!

脂(アブラ)過太ぶら~!

脂(アブラ)過太ぶら~!

脂(アブラ)過太ぶら~!

脂(アブラ)過太ぶら~!

脂(アブラ)過太ぶら~!

脂(アブラ)過太ぶら~!

脂(アブラ)過太ぶらメタボ腹~!

呪文を唱えている時に自分のおなかに手を当てたり、
パンパンとたたいた方は、「脂過多ぶら」体質の人といえます。

言い換えれば、太っ腹!

おなか周りや肝臓にも脂がまわってフォァグラ状態を
「脂過多」といいます。

脂は常温で個体です。
ラード(豚脂)、 ヘット(牛脂)、鶏油
羊脂、馬脂、バター、マーガリン等など
油は常温で液体です。
サラダ油、白絞油、コーン油、大豆油
ごま油、菜種油(キャノーラ油)、こめ油
椿油、エゴマ油、オリーブオイル、魚油 鯨油
鮫油、肝油等

金ごまにはごまの油が60%強
白ごまにはごまの油が50%前後
黒ごまにはごまの油が40%強
含まれています。

昔はごまの油=油といっていました。

「脂」断っても「油」を断つな!

金ごま顧問はこれを「油断大敵」と言っています。

ごまの油を断つと体に悪い大きな敵が来るので
「油断禁物」です。

ここでクイズの答えが分かったので続きを読まなくて
よいと思われる方は、こちら↓からご応募してください。
クイズの応募の入り口⇒応募フォーム開けごま!
人生に無駄があってもよいと言われる方は、
引き続き油を売るつもりでお読みください。

健康で死ぬまで生きたい人は
ご利益のあるパワフル呪文を唱えてみましょう!

アブラカダブラごま油~!

アブラカダブラごま油~!

アブラカダブラごま油~!

アブラカダブラ金ごま油~!

アブラカダブラ金ごま油~!

アブラカダブラ金ごま油~!

アブラカダブラ金ごま油~!

アブラカダブラ金ごま本舗~!

アブラカダブラ金ごま本舗~!

アブラカダブラ金ごま本舗の金ごま油~!

健康で死ぬまで生きられると思えてきましたか?
もしもそう思えてきた人は大変素直な人です。
そんな方は、詐欺師やペテン師に注意をしてください!

わが娘たちは、
お父さんは物知りだと感心していると
時々いい加減なことを言うので注意して話を聞く必要があると
言っております。

私の職業を詐欺師かペテン師だと思っているかもしれません。
今日、話そうと思っていた本題の油の話題に入ります。

今回も長~い話です。
最後まで読み終えるには覚悟が必要です。
覚悟ができない方は、ここでクイズの応募をしてください。
クイズの応募の入り口⇒応募フォーム開けごま!
時間と興味のある方は、ぜひ再来場して完読にチャレンジしてください。

【講師:脂過多ぶらメタボ腹の金ごま顧問】

鼻の油をちょっとつけてアブラカダブラ~!
アトピーや乾燥肌の人は、鼻の油も少ないようです。

我々の生活には油は欠かせません。
ちょっと油断大敵の話を聞いてください。

油断????????????
大敵????????????

油断
禁物

油?

車は、エンジンオイル、ブレーキオイル、オートマチックオイル(油)
が、古くなったり、一定量が無いと故障や事故につながります。
油(ガソリンや軽油)が無いと走りません。
○エンジンオイルが、古くなると使い痛みで、エンジン音が高くなります。
そのまま走り続けると最後にエンジンが壊れ車は走れなくなります。
○ブレーキオイルがもし、ホースの破損や一定量のオイル切れをした時は、
車のブレーキがかからず車は暴走して大事故につながります。
○オートマチックオイル:最近オートマ車が殆どになりましが
このオイルには余り関心を持っていませんが、古い車に乗っていると
スタンドでオイル交換を奨められることがあります。
やはり、これもオートマ車には、大切なオイルに間違いはありません。

●ガソリンを一般的に油といいますが、
油も車のエンジンによりガソリン車は、レギュラー、ハイオク
ディーゼル車は軽油を燃焼させて走ります。
※油の消費は、車の大きさ、排気量、積載量、速度によって変わります。
だから、安全に快適に車を走らせるために、ドライバーは、常に点検や
車検整備などに気を使い、オイル交換、ガス欠のないように心がけていますね、、、、
高速道路では、油が切れないように「油断禁物」です。
人も車も油なくして、快適に走ることができません!

我々が毎日食べている食べ物には、
いろんな種類の油脂が含まれています。

油脂(ゆし)は、油や脂を言います。

そして、脂と油の漢字の使い分けは御存知ですか?

油:常温で液体(ごまの油、オリーブ油等)

脂:常温で固体(牛脂、ラード等)

ところで、油脂の中でもどうしても健康のためには
断ってはいけない油があるのを御存知ですか?

それが、油の中の必須脂肪酸です。
必須脂肪酸は、細胞膜や血液、ホルモンの原料となります。
人の体は、60兆の細胞から成り立っていますが、脂肪酸は
この細胞の大切な構成成分です。
もしも、人に油:脂肪酸がないと大変なことになりますよ!

昔から ごまが体に良いといわれているのは、
ごまには、約50%前後のごま油が含まれているからです。

金ごまには:60%強

黒ごまには:40%強

白ごまには:50%前後のごま油を含有

とくに金ごまがおいしくて、健康に良いといわれているのは、
1粒に含まれるこのごま油が多いからです。

ごまの油=油を断つと大変ですよ!

油断すると体に悪い大きな敵がやってくるぞ!

「油 断 大 敵」
※脂は断ってもよろしいようです、、、、、
ダイエットには 「脂断歓迎」でが、断じて「油断大敵」です!

アブラカダブラ!

アブラカダブラ!

アブラカダブラ!

脂(アブラ)過太ぶら~!

脂(アブラ)過太ぶら~!

脂(アブラ)過太ぶら~!

脂(アブラ)過太ぶら~!

脂(アブラ)過太ぶら~!

脂(アブラ)過太ぶら~!

脂(アブラ)過太ぶらメタボ腹~!

アブラカダブラごま油~!

アブラカダブラごま油~!

アブラカダブラごま油~!

アブラカダブラ金ごま油~!

アブラカダブラ金ごま油~!

アブラカダブラ金ごま油~!

アブラカダブラ金ごま油~!

アブラカダブラ金ごま本舗~!

アブラカダブラ金ごま本舗~!

アブラカダブラ金ごま本舗の金ごま油~!

アブラカダブラ~当たれ~金ごま!

すこしここで一息してください。

油脂も大切ですが、もっと大切なのは水です。
熱中症は怖いそうです。
この夏は、身近に熱中症になった人から体験談を
聞かせてもらいました。
油断大敵、水断大敵、水断禁物です。
水分補給といってビールを飲む方がいるかもしれません。
ビールは利尿促進があり水分補給になりませんのでご注意を!
余談でしたが、ひとまず水分補給をしてください。
ビールを飲みに行ってそのままクイズの応募を忘れないために
ここで期日前応募を済ませてください。
クイズの応募の入り口⇒応募フォーム開けごま!

カランカラン~

引き続き講義の時間です!

詐欺師、ペテン師の講義です。

同じことを言ったり、重複したことを言ったりします。

寛大な心でおつき愛ください。

その前に当社の商品のPR!

ちなみに当社の金ごま油は、
何も足さない、何も引かないそのまま搾った
ごまかしなしの金ごま油です。

アブラカダブラ開け金ごま油~!

メタボ対策には、
摂取カロリーと消費カロリーのバランスが大切です。

何を食べて、何を減らして、どんな運動をしたらいいか
色々とご意見をお聞かせいただいたら幸いです。

さて、、

お腹の脂肪の”あぶら”のことですが、
”あぶら”の油脂の使い分けをご存知ですか?

ごまの油、菜種油、豚の脂、牛脂と書かれます。

油と書くのは、常温で液体の状態のもの油と言います。
脂と書くのは、常温で固体の状態のもの脂と言います。

店主のお腹にたまっているもは、さしずめ「脂」です。
英語で脂をファット、油をオイルと言います。

我々が日々摂取する食物の中には、
油脂分が含まれている食材があります。
油脂分は、食べものをおいしくさせてくれたり、
高カロリーでお腹もちを良くしたり、
健康を維持のためにも体にとっては大変大切な栄養素です。

3大栄養素、炭水化物、たんぱく質、脂肪の中で
一番効率よく摂取可能な高カロリーな栄養素です。
カロリー計算の仕方はご存知ですか?

カロリーに大変気を使って痩せる思いの方でも
詳しいことをご存じない実態があります。
詳しいことを話すとさらに話が長くなりますので、
別の機会にお話をさせていただきます。

油は、ダイエットやメタボ対策に敬遠されていますが
実は油に含まれる栄養素:必須脂肪酸(体で合成できない)
を断ってしまう危険性があります。

油脂分は、体にとっては大切な成分が含まれています。

特にごまは種子の50%前後が油分です。
このごま油の中には、必須脂肪酸やゴマリグナン類が
バランスよく含まれています。

昔、ごまの油=油と言われていた時代に
胡麻の油を体から断つと体に悪い大きな敵がやってくると
いわれたのが「油断大敵」です(顧問説)。

今日は、その油の成分について勉強をします。

必須脂肪酸は、細胞膜・血液・ホルモンの原料 です。

自然の中に・食べ物の中に大切な油(脂肪酸)が含まれています。

●不飽和脂肪酸の分類

・n-9系(一価不飽和脂肪酸:人体で合成できる。)

・n-6系(多価不飽和脂肪酸:人体で合成できない必須脂肪酸)

●不飽和脂肪酸の種類(多く含まれる代表的食品)

・オレイン酸(ごま油、オリーブ油)

・リノール酸(サフラワー油、ごま油)

・γ―リノレン酸(月見草油、母乳)

・リノール酸(サフラワー油、ごま油)

・オレイン酸(ごま油、オリーブ油)

・α―リノレン酸(シソ科えごま油)

・EPA、DHA (青みの魚の油)

※γ-リノレン酸

一般食品では、昆布とわかめだけに僅か含まれる。
ごま油は、α-リノレン酸を少し含有する。

□主な脂肪酸の種類とその働き

●脂肪酸の種類(主な働きと特徴)

・オレイン酸(血液中のコレストロールを除いて動脈硬化を予防する。)

・リノール酸(血液中のコレストロール値を下げる。)

・γ-リノレン酸(アラキドン酸を合成する。)

・γ-リノレン酸(血糖値・血圧・血中コレストロールを下げる。)

・α―リノレン酸(体内でEPA、DHAに変り、動脈硬化を予防する。
脳細胞や神経細胞を活発にし、ボケにを防止する。)

・EPA(血液をさらさらににする働きがあり、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞、
脳卒中、高脂血症などの予防改善。)

・DHA(脳に多く含まれ、脳内のDHA量が減ると、脳の発育が悪くなったり、
脳の機能が低下する。腱脳効果の他、動脈硬化、狭心症、心筋梗塞、
脳卒中、免疫性疾患等の予防、改善。)

ごま油に含まれるゴマリグナンは、

強い抗酸化力と摂取した脂肪酸の働きを調整するとも言われています。
(ゴマリグナンはセサミン・セサモリン・セサモール等の総称です。)

油断大敵!

ガソリン代が上って、少しづつ給油していて
ロングドライブのガス欠にもご用心
そして、ごまはいつも体に欠かせないものと心得よ!

大変お疲れ様でした。
頭の中は、アブラ加太状態になっているかもしれませんが、
今度は機会がありましたら、
油と肪酸の話、脂肪酸からプロスタグランジン(ホルモン)から
体内生産の薬の話などの展開をお話したいと思っています。
本日のペテン師講義はこれにて終了いたします。

アブラカダブラ!

脂(アブラ)過太ぶら~!

クイズに応募はするのはこれがラストチャンスです。
忘れずにご応募ください!
応募の際に講義の内容についてのコメントを書き込んで
いただければ幸いです。
クイズの応募の入り口⇒応募フォーム開けごま!

グッドラック!

にアクセスしてください。

さて、
アブラカタブラ呪文は現在、
手品を披露する際の掛け声として世界中の手品師に
利用されているようです。
古くは熱病や炎症を癒やすために唱えられてきたそうです。

実際に声を出してその呪文を10回唱えてみてください!

アブラカダブラ!

アブラカダブラ!

アブラカダブラ!

脂(アブラ)過太ぶら~!

脂(アブラ)過太ぶら~!

脂(アブラ)過太ぶら~!

脂(アブラ)過太ぶら~!

脂(アブラ)過太ぶら~!

脂(アブラ)過太ぶら~!

脂(アブラ)過太ぶらメタボ腹~!

呪文を唱えている時に自分のおなかに手を当てたり、
パンパンとたたいた方は、「脂過多ぶら」体質の人といえます。

言い換えれば、太っ腹!

おなか周りや肝臓にも脂がまわってフォァグラ状態を
「脂過多」といいます。

脂は常温で個体です。
ラード(豚脂)、 ヘット(牛脂)、鶏油
羊脂、馬脂、バター、マーガリン等など
油は常温で液体です。
サラダ油、白絞油、コーン油、大豆油
ごま油、菜種油(キャノーラ油)、こめ油
椿油、エゴマ油、オリーブオイル、魚油 鯨油
鮫油、肝油等

金ごまにはごまの油が60%強
白ごまにはごまの油が50%前後
黒ごまにはごまの油が40%強
含まれています。

昔はごまの油=油といっていました。

「脂」断っても「油」を断つな!

金ごま顧問はこれを「油断大敵」と言っています。

ごまの油を断つと体に悪い大きな敵が来るので
「油断禁物」です。

ここでクイズの答えが分かったので続きを読まなくて
よいと思われる方は、こちら↓からご応募してください。
クイズの応募の入り口⇒応募フォーム開けごま!
人生に無駄があってもよいと言われる方は、
引き続き油を売るつもりでお読みください。

健康で死ぬまで生きたい人は
ご利益のあるパワフル呪文を唱えてみましょう!

アブラカダブラごま油~!

アブラカダブラごま油~!

アブラカダブラごま油~!

アブラカダブラ金ごま油~!

アブラカダブラ金ごま油~!

アブラカダブラ金ごま油~!

アブラカダブラ金ごま油~!

アブラカダブラ金ごま本舗~!

アブラカダブラ金ごま本舗~!

アブラカダブラ金ごま本舗の金ごま油~!

健康で死ぬまで生きられると思えてきましたか?
もしもそう思えてきた人は大変素直な人です。
そんな方は、詐欺師やペテン師に注意をしてください!

わが娘たちは、
お父さんは物知りだと感心していると
時々いい加減なことを言うので注意して話を聞く必要があると
言っております。

私の職業を詐欺師かペテン師だと思っているかもしれません。
今日、話そうと思っていた本題の油の話題に入ります。

今回も長~い話です。
最後まで読み終えるには覚悟が必要です。
覚悟ができない方は、ここでクイズの応募をしてください。
クイズの応募の入り口⇒応募フォーム開けごま!
時間と興味のある方は、ぜひ再来場して完読にチャレンジしてください。

【講師:脂過多ぶらメタボ腹の金ごま顧問】

鼻の油をちょっとつけてアブラカダブラ~!
アトピーや乾燥肌の人は、鼻の油も少ないようです。

我々の生活には油は欠かせません。
ちょっと油断大敵の話を聞いてください。

油断????????????
大敵????????????

油断
禁物

油?

車は、エンジンオイル、ブレーキオイル、オートマチックオイル(油)
が、古くなったり、一定量が無いと故障や事故につながります。
油(ガソリンや軽油)が無いと走りません。
○エンジンオイルが、古くなると使い痛みで、エンジン音が高くなります。
そのまま走り続けると最後にエンジンが壊れ車は走れなくなります。
○ブレーキオイルがもし、ホースの破損や一定量のオイル切れをした時は、
車のブレーキがかからず車は暴走して大事故につながります。
○オートマチックオイル:最近オートマ車が殆どになりましが
このオイルには余り関心を持っていませんが、古い車に乗っていると
スタンドでオイル交換を奨められることがあります。
やはり、これもオートマ車には、大切なオイルに間違いはありません。

●ガソリンを一般的に油といいますが、
油も車のエンジンによりガソリン車は、レギュラー、ハイオク
ディーゼル車は軽油を燃焼させて走ります。
※油の消費は、車の大きさ、排気量、積載量、速度によって変わります。
だから、安全に快適に車を走らせるために、ドライバーは、常に点検や
車検整備などに気を使い、オイル交換、ガス欠のないように心がけていますね、、、、
高速道路では、油が切れないように「油断禁物」です。
人も車も油なくして、快適に走ることができません!

我々が毎日食べている食べ物には、
いろんな種類の油脂が含まれています。

油脂(ゆし)は、油や脂を言います。

そして、脂と油の漢字の使い分けは御存知ですか?

油:常温で液体(ごまの油、オリーブ油等)

脂:常温で固体(牛脂、ラード等)

ところで、油脂の中でもどうしても健康のためには
断ってはいけない油があるのを御存知ですか?

それが、油の中の必須脂肪酸です。
必須脂肪酸は、細胞膜や血液、ホルモンの原料となります。
人の体は、60兆の細胞から成り立っていますが、脂肪酸は
この細胞の大切な構成成分です。
もしも、人に油:脂肪酸がないと大変なことになりますよ!

昔から ごまが体に良いといわれているのは、
ごまには、約50%前後のごま油が含まれているからです。

金ごまには:60%強

黒ごまには:40%強

白ごまには:50%前後のごま油を含有

とくに金ごまがおいしくて、健康に良いといわれているのは、
1粒に含まれるこのごま油が多いからです。

ごまの油=油を断つと大変ですよ!

油断すると体に悪い大きな敵がやってくるぞ!

「油 断 大 敵」
※脂は断ってもよろしいようです、、、、、
ダイエットには 「脂断歓迎」でが、断じて「油断大敵」です!

アブラカダブラ!

アブラカダブラ!

アブラカダブラ!

脂(アブラ)過太ぶら~!

脂(アブラ)過太ぶら~!

脂(アブラ)過太ぶら~!

脂(アブラ)過太ぶら~!

脂(アブラ)過太ぶら~!

脂(アブラ)過太ぶら~!

脂(アブラ)過太ぶらメタボ腹~!

アブラカダブラごま油~!

アブラカダブラごま油~!

アブラカダブラごま油~!

アブラカダブラ金ごま油~!

アブラカダブラ金ごま油~!

アブラカダブラ金ごま油~!

アブラカダブラ金ごま油~!

アブラカダブラ金ごま本舗~!

アブラカダブラ金ごま本舗~!

アブラカダブラ金ごま本舗の金ごま油~!

アブラカダブラ~当たれ~金ごま!

すこしここで一息してください。

油脂も大切ですが、もっと大切なのは水です。
熱中症は怖いそうです。
この夏は、身近に熱中症になった人から体験談を
聞かせてもらいました。
油断大敵、水断大敵、水断禁物です。
水分補給といってビールを飲む方がいるかもしれません。
ビールは利尿促進があり水分補給になりませんのでご注意を!
余談でしたが、ひとまず水分補給をしてください。
ビールを飲みに行ってそのままクイズの応募を忘れないために
ここで期日前応募を済ませてください。
クイズの応募の入り口⇒応募フォーム開けごま!

カランカラン~

引き続き講義の時間です!

詐欺師、ペテン師の講義です。

同じことを言ったり、重複したことを言ったりします。

寛大な心でおつき愛ください。

その前に当社の商品のPR!

ちなみに当社の金ごま油は、
何も足さない、何も引かないそのまま搾った
ごまかしなしの金ごま油です。

アブラカダブラ開け金ごま油~!

メタボ対策には、
摂取カロリーと消費カロリーのバランスが大切です。

何を食べて、何を減らして、どんな運動をしたらいいか
色々とご意見をお聞かせいただいたら幸いです。

さて、、

お腹の脂肪の”あぶら”のことですが、
”あぶら”の油脂の使い分けをご存知ですか?

ごまの油、菜種油、豚の脂、牛脂と書かれます。

油と書くのは、常温で液体の状態のもの油と言います。
脂と書くのは、常温で固体の状態のもの脂と言います。

店主のお腹にたまっているもは、さしずめ「脂」です。
英語で脂をファット、油をオイルと言います。

我々が日々摂取する食物の中には、
油脂分が含まれている食材があります。
油脂分は、食べものをおいしくさせてくれたり、
高カロリーでお腹もちを良くしたり、
健康を維持のためにも体にとっては大変大切な栄養素です。

3大栄養素、炭水化物、たんぱく質、脂肪の中で
一番効率よく摂取可能な高カロリーな栄養素です。
カロリー計算の仕方はご存知ですか?

カロリーに大変気を使って痩せる思いの方でも
詳しいことをご存じない実態があります。
詳しいことを話すとさらに話が長くなりますので、
別の機会にお話をさせていただきます。

油は、ダイエットやメタボ対策に敬遠されていますが
実は油に含まれる栄養素:必須脂肪酸(体で合成できない)
を断ってしまう危険性があります。

油脂分は、体にとっては大切な成分が含まれています。

特にごまは種子の50%前後が油分です。
このごま油の中には、必須脂肪酸やゴマリグナン類が
バランスよく含まれています。

昔、ごまの油=油と言われていた時代に
胡麻の油を体から断つと体に悪い大きな敵がやってくると
いわれたのが「油断大敵」です(顧問説)。

今日は、その油の成分について勉強をします。

必須脂肪酸は、細胞膜・血液・ホルモンの原料 です。

自然の中に・食べ物の中に大切な油(脂肪酸)が含まれています。

●不飽和脂肪酸の分類

・n-9系(一価不飽和脂肪酸:人体で合成できる。)

・n-6系(多価不飽和脂肪酸:人体で合成できない必須脂肪酸)

●不飽和脂肪酸の種類(多く含まれる代表的食品)

・オレイン酸(ごま油、オリーブ油)

・リノール酸(サフラワー油、ごま油)

・γ―リノレン酸(月見草油、母乳)

・リノール酸(サフラワー油、ごま油)

・オレイン酸(ごま油、オリーブ油)

・α―リノレン酸(シソ科えごま油)

・EPA、DHA (青みの魚の油)

※γ-リノレン酸

一般食品では、昆布とわかめだけに僅か含まれる。
ごま油は、α-リノレン酸を少し含有する。

□主な脂肪酸の種類とその働き

●脂肪酸の種類(主な働きと特徴)

・オレイン酸(血液中のコレストロールを除いて動脈硬化を予防する。)

・リノール酸(血液中のコレストロール値を下げる。)

・γ-リノレン酸(アラキドン酸を合成する。)

・γ-リノレン酸(血糖値・血圧・血中コレストロールを下げる。)

・α―リノレン酸(体内でEPA、DHAに変り、動脈硬化を予防する。
脳細胞や神経細胞を活発にし、ボケにを防止する。)

・EPA(血液をさらさらににする働きがあり、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞、
脳卒中、高脂血症などの予防改善。)

・DHA(脳に多く含まれ、脳内のDHA量が減ると、脳の発育が悪くなったり、
脳の機能が低下する。腱脳効果の他、動脈硬化、狭心症、心筋梗塞、
脳卒中、免疫性疾患等の予防、改善。)

ごま油に含まれるゴマリグナンは、

強い抗酸化力と摂取した脂肪酸の働きを調整するとも言われています。
(ゴマリグナンはセサミン・セサモリン・セサモール等の総称です。)

油断大敵!

ガソリン代が上って、少しづつ給油していて
ロングドライブのガス欠にもご用心
そして、ごまはいつも体に欠かせないものと心得よ!

大変お疲れ様でした。
頭の中は、アブラ加太状態になっているかもしれませんが、
今度は機会がありましたら、
油と肪酸の話、脂肪酸からプロスタグランジン(ホルモン)から
体内生産の薬の話などの展開をお話したいと思っています。
本日のペテン師講義はこれにて終了いたします。

アブラカダブラ!

脂(アブラ)過太ぶら~!

クイズに応募はするのはこれがラストチャンスです。
忘れずにご応募ください!
応募の際に講義の内容についてのコメントを書き込んで
いただければ幸いです。
クイズの応募の入り口⇒応募フォーム開けごま!

グッドラック!